エッカンカーとは?


魂としての自分をみつけましょう

あなたは、永遠で限りのない霊的な存在である、魂です。
あなたの人生は、魂がその真の姿に目覚め、喜びと発見に満ちた霊的に解放された人生を過ごすために必要な素材です。


今、ここで、霊的な自由をみつけましょう

エッカンカーは、実践的で一人ひとりの成長に沿った霊的な実習であり、自分独自の霊的な旅路を歩む為のツール・キット(道具箱)です。
それにより、日常生活の中で、自己の最も聖なる部分を発見し、開花する為の気づきを得る事ができます。
現代社会がもたらすストレスや不安から自分自身を解放する方法を学ぶために、真の自分である魂の限りない自由な領域に踏み出しましょう。

人生で日々直面する問題に隠されている恩恵や学びを見つけ、尊い愛が、職場、家庭やプライベートな場面での体験を変え、心が満たされる感覚をみつめてみましょう。


エックのスピリチュアル・エクササイズで瞑想を超えた領域に踏み出しましょう

エッカンカーは、人生により大きな愛と知恵をもたらす、簡単でありながら、パワフルなスピリチュアル・エクササイズの手ほどきを行っています。
瞑想することによって心身ともに得られる効果は、よく知られていますが、エックのスピリチュアル・エクササイズを行う人は、それに加え、次の事が得られます:

  • 内的な指導:このエクササイズにより、あなたの夢の意味は解き明かされ、直感は鋭くなり、どんな問題であれ、創造的な解決方法を見つける為の一助となります。

  • 魂の冒険:このエクササイズはまた、あなたの肉体の次元を超え、意識を広げ、内的な世界を探検するソウル・トラベル(幽体離脱)を体験し、その結果としてあなたの過去世の重要な学びを紐解く手助けをします。

  • 霊的な目覚め:このスピリチュアル・エクササイズは穏やかに、全生命を創造し、維持する力である、神の光と音を体験する為の一助となります。光と音を直接的に体験すると、癒しと浄化がもたらされ、その体験の手助けにより魂が全ての生命への愛に目覚めます。


HU:聖なる音、古代のマントラ

スピリチュアル・エクササイズの一例は、HUを唱える事です。この簡単な霊的な方法は、だれでも、日常的に、実践することができます。これにより、自分自身の気持ちが高揚し、癒されそして内的なやすらぎをもたらします。

HUとは、歴史を通して多くの伝統で祈り、あるいはマントラとして使用されてきた神の古代の名なのです。
HUは、存在としてのあなたの最も深い部分と共鳴します。声を出して唱えても、内的に唱えても、HUを唱える事は、人生の中で神の存在を認識する気づきを与えます。これにより、心は内的な指導と愛に向かって開き、あなた自身の至善と真の目的を知る英知がもたらされます。
Sound of Soul eventに参加することで、HUがあなたにもたらす恩恵を体験してみてください。オン・ラインで行われ、無料です。

録音されたHUの詠唱をお聴きになるには、下記の「プレイ亅▶を押して下さい。


スピリチュアル・ガイド

エッカンカーには実存し、神性実現に達した霊的な師が存在し、霊的な探究者が個々の潜在能力に達するように手助けをしてくれます。敬愛されても、崇拝されることはなく、Living ECK Master(リビング・エック・マスター)は、講話、書籍と上級者向けのスピリチュアルな学びの為のプログラムを通し、実際に学びを教えます。彼はまた、外的だけでなく夢や黙考を通じて内的な学びを与えます。現在のリビング・エック・マスターはスリ・ハロルド・クレンプであり、米国人で100を超える書籍(エッカンカーの本)の著者です。


上級学習コース

エッカンカーの上級学習コースは、自分を発見するための冒険です。毎月の学びには、自分で行う上級者向 けのスピリチュアル・テクニックが含まれます。学習とテクニックを併用することで個々に眠る偉大なる知恵を開花させ、穏やかに気づきをもたらします。

エッカンカーのメンバーシップは毎年更新可能で、継続するのは、本人の完全な自由意思です。また、生き方(ライフ・スタイル)を急激に変える必要もありません。学ぶ者が日常の体験に組み込まれている霊的な学びに気づき始めると、自然に内から外へと変化し始めます。

エック・メンバーは、これらの学習コースを少人数のディスカッション・クラスで学ぶこともできます。これから、さらに増える予定ですが、現在、4年分の日本語のプログラムがあります。
ご質問があれば、メールでご連絡ください。



「どの方法であれ、神と出会う道は心を開き、 愛を込めて歩む道です。自分の人生を価値あるものにする為に すべてを注ぎ込むことは、霊的な存在である自分に課せられた責務です。」

ハロルド・クレンプ著、ゴールデンハート、122頁


更に詳しくお知りになりたい方は、英文ですがエッカンカー本部のサイトをご覧ください。 http://www.eckankar.org/whatis.html